産業用太陽光発電のメリット

産業用太陽光発電のメリット

太陽光発電を始めるなら今がチャンス
10kW以上の産業用太陽光発電

現在、国は「エネルギー自給率向上」「CO2削減など環境への配慮」等のため、再生可能エネルギー事業に取り組んでおり、再生可能エネルギーのさらなる広がりに向けて「固定単価買取制度」をスタートしました。
それにより太陽光発電システムで発電した電力の売電が可能となっています。更に10kW以上の太陽光発電システムを対象とした「グリーン投資減税による税負担の軽減措置」があります。

なぜ10kW以上の産業用太陽光発電なのか?

項 目10kW未満の太陽光発電システム10kW以上の太陽光発電システム
買取期間 10年 20年 買取期間が長いのでより大きな利益が見込める。
買取対象 余剰買取 発電した電力を消費して余った電力のみ売電することができる。 全量買取 発電した全ての電力を売電することができる。
グリーン投資減税 対象外 対象 税負担軽減の恩恵を受けられる。

固定価格買取制度による売電の仕組み

売電の仕組み(産業用-税込)

グリーン投資減税による税負担の軽減措置

対象設備税制優遇の内容取得期限
固定価格買取制度の設備認定を受けた10kW以上のシステム 青色申告をしている中小企業者に限り、売電開始年度に設備取得価額の7%相当額の税額控除が受けられる。 H28年3月末
青色申告をしている法人又は個人を対象とし、売電開始年度に普通償却に加えて、設備取得価額の30%相当額を限度として、特別償却することができる。 H28年3月末
青色申告をしている法人又は個人を対象とし、売電開始年度に設備取得価額の全額(100%、即時償却)を特別償却することができる。 H27年3月末

※1事業所につき、上記いずれか1つの制度を適用することができる。複数の事業所設備がある場合、個々にどの制度を適用するか選択することができる。

※適用の可否は個別のケースにより異なりますので、詳細は所轄の税務署にお問い合わせください。

こんな方におすすめ! 産業用太陽光発電システム導入のメリット

リスクが少なく安定した副収入を得たい!そんな投資先はないだろうか?

固定価格買取制度により、国が全て固定価格で20年間買い取ってくれるから安心!
回収期間、収益予測も簡単です。

活かせる土地・施設の有効利用はできないだろうか?

自社社屋、工場、倉庫、公共施設、病院、商業施設などの屋根・屋上、現在利用していない遊休地や休閑地を含めたお客様がお持ちの土地、また荒れ地や空き地、そして山林 など、余剰スペースを活用した「低リスクで手間のかからない資産運用事業」として最適。

  • 敷地の有効活用
    工場立地法の改正(平成24年6月)により、売電用の太陽光発電施設も「緑地以外の環境施設」位置付けられました。これにより、工場の屋上に設置した太陽光発電施設の設置面積相当分が、環境施設面積として認められるので工場の新設・増築時に 敷地の有効利用が可能となります。
  • 遮熱効果・空調コストの削減
    太陽光発電パネルを工場や倉庫等の屋根に設置した場合、パネルが建物内への遮熱効果を発揮し、直射日光による建物内の気温上昇が抑えられるという効果があり、空調の負荷を下げる事ができます。

社会貢献・企業のイメージアップにつながる事業はないだろうか?

温暖化の原因となる、CO2(二酸化炭素)の削減や電力不足への貢献が見込める太陽光発電の導入は環境問題や社会的課題への前向きな取り組みとして、内外へアピールする絶好の選択肢となります。

災害時の非常用電源

工場などでの操業停止は死活問題となります。太陽光発電システム(自立運転付きシステム)を導入していれば、災害等により停電が発生した場合でも、昼間であれば太陽光発電による電力を使用することができます。

太陽光発電設備の設置について・資料請求等、お気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせは
03-4405-7252
受付時間 9:00 ~ 17:00(平日)
※ メールは24時間受付